スマホ依存症

スマホ依存症の人がどんどんふえている背景にあるものとは?

スマホ依存症の人がどんどんふえている理由とは?

スマホが普及したことによって、スマホ依存症となってしまった人が多くいるようです。

 

最近ではスマホを操作しながら歩く、いわゆる歩きスマホの問題も浮上してきています。

 

なぜそこまでスマホに熱中してしまうのか、その背景について考えてみたいと思います。

 

スマホなしでは生きられない人たち

もともとスマホは携帯電話ですが、その機能はパソコンそのものであり、手軽にインターネットを楽しむことができます。

 

そのため、スマホ依存症であるということは、ある意味ネット依存症やゲーム依存症とかぶる部分もあります。

 

スポンサーリンク

 

しかしパソコンと大きく異なる点は、気軽に持ち歩くことができ、たとえ外出先であってもちょっとした空き時間にネットにつないで使用が可能になることです。

 

そして、スマホ依存症の人をどんどん増やしている主な原因といえるのが、FacebookやLINEに代表されるSNSです。

 

このSNSを使って、自分がいま何をしているのかといった日常的なことを投稿することが、日課のようになってしまっていたりします。

 

たとえば、今日の夕飯のこととか街中で見つけた珍しい出来事などを、動画にしてFacebookにアップロードした経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

また、親しい人の状況もこうしたSNSを通じて把握することができるために、絶えず更新状況を確認するようになってしまいます。

 

さらに最近大流行のLINEは、この部分に関してより顕著な傾向が見られます。それは会話形式かつ、送信したメッセージを読んだか読んでないか判別できる既読機能と呼ばれるものがあるからです。

 

自身のメッセージがどうなったのか、スマホ依存症となってしまった人はつねに気になり、秒単位で確認する人も珍しくありません。

 

スポンサーリンク

 

孤独に対する恐れや自己顕示欲が原因?

スマホ依存症の人がふえてきている理由の一つとして、孤独に対する恐れが考えられます。

 

スマホさえあれば、いつでもどこでも間接的に人との接触を持つことができるため、手放すことができなくなってしまうのです。

 

また、自分を見てもらいたいという自己顕示欲の強い人も、スマホ依存症になりがちです。

 

FacebookやTwitterなどのSNSではその情報発信力によって、簡単に多くの人に自身のことを知ってもらうことができます。

 

しかし、これも行き過ぎてしまえば、依存症となってしまいます。

 

中には、目立ってしまいたいがゆえに犯罪行為にまでエスカレートしてしまうことも少なくありません。

 

明らかに犯罪的な行為をSNSに投稿してしまい、事件が発覚したケースもたびたび起こっています。

 

使い方次第では便利なスマホではありますが、それに依存しすぎてしまうことによってさまざまな弊害が起こっています。

 

運転中のスマホ操作から交通事故を起こすというケースもふえていますし、歩きスマホが原因となって人とぶつかり救急搬送されたというケースもあります。

 

極度にスマホに依存してしまった状態は、回避依存症を伴っている場合があるかもしれません。

 

こうなってしまうと、やがて社会からの孤立を招いてしまいますので、ある程度の節度をもって利用をすることを心がける必要があるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加