買い物依存症

買い物依存症になってしまう人にはどんな特徴があるのか?

買い物依存症になってしまう人の特徴とは?

新しいものを買ったりすることはなかなか楽しいものですが、度が過ぎればこれも依存症となってしまうのをご存知でしょうか。

 

これはいわゆる買い物依存症と呼ばれる精神疾患になります。

 

薬物のような依存性があるわけでもないのに、この買い物依存症におちいってしまう人々の精神構造はどのようになっているのでしょうか。

 

ここでは、その原因や特徴などについてみていきたいと思います。

 

買い物がストレスを発散させる

人によっては買い物が趣味という方も多いことでしょう。

 

スポンサーリンク

 

新しいものを買うことで好奇心や充足感を満たすことができ、このことからストレスの解消へもつながります。

 

しかし、実はこのストレスの解消になるという点が、買い物依存症のきっかけになると考えられているようです。

 

買い物以外にストレスの発散法を知らない、もしくは他のことに興味がない人の場合は、買い物によってストレスを解消するしか方法がなくなってしまいます。

 

その結果、買い物をやめることができなくなってしまうのです。

 

なかでも、若い女性に買い物依存症となってしまう人が多いと言われています。

 

買い物がやめられずにやがて借金をして...

買い物をするためには、当然それを買うためのお金が必要となります。

 

ストレス発散のためとはいえ、次々に商品を買ってしまえばやがてお金が尽きてしまいます。

 

お金が尽きたことで依存症が治ればよいのですが、そう簡単にはいきません。

 

買い物をしたいがために、消費者金融やクレジットカードなどを利用して、借金にまで手を出してしまうケースが非常に多いのです。

 

 

スポンサーリンク

 

買い物依存症は一度発症してしまうとなかなか完治するのが難しく、買い物ができなくなると、その離脱症状からさらに買い物をしたいという衝動に駆られてしまいます。

 

やめなければならない、と頭では分かっていてもそれを理性でおさえることができずに、借金にまで手を出してしまうのが買い物依存症の怖いところです。

 

どういった人が依存症を起こしてしまうのか

買い物依存症となってしまう人には、ある一定の特徴があるようです。

 

例えば、買ったものの値段についてウソをついたり、隠したりするようなことがある人です。

 

また、せっかくお金を出して買っても、結局使わないものが多いという人も要注意です。

 

たいして欲しくない物や、自分の生活にまったくそぐわないものまで買ってしまうことなども、買い物依存症になる人に見られる特徴です。

 

買い物依存症になってしまった方の多くは、その自覚があってもなかなか自分の意志ではやめることができません。

 

ですので、もしその自覚があり、買い物依存症をなんとかしたいと考えているのであれば、心療内科に行って相談してみることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加