カフェイン依存症

カフェイン依存症を引き起こすコーヒーやお茶に頼る生活習慣

カフェイン依存症とコーヒーやお茶に頼る生活習慣

カフェインは適量の摂取によって覚醒作用といった効果があり、眠いときに摂取するとよいとされています。

 

しかし眠気を覚ます効果があるからと、コーヒーをあまりにたくさん飲みすぎるとカフェイン依存症になってしまう可能性があります。

 

カフェイン依存症というのは、どのような状態のことをいうのでしょうか?

 

カフェインが必要となるプロセス

多忙な現代人は、睡眠を削ってまで仕事に没頭したり、自分のための時間を捻出したりしている人が多いようです。

 

そのような生活を送っていると、慢性的に眠気を感じるようになります。

 

スポンサーリンク

 

 

眠気を感じている状態では何をやるにしても集中することができませんので、この時に眠気を覚ますという目的でお茶やコーヒーといった形でカフェインを摂取する人が多いようです。

 

またカフェインは一時的に頭痛を取り除く効果もあるので、慢性的な頭痛を抱えている人も、コーヒーやお茶をこまめに飲む傾向があるようです。

 

中には、コーヒーやお茶ではなく、錠剤のカフェインや液体カフェインといった形で摂取している人もいるようです。

 

そして常用することによって、身体にカフェインに対する耐性ができていき、その量がしだいに増してしまうことによってやがてカフェイン依存症となってしまいます。

 

症状が進んでしまうとどうなるか?

カフェイン依存症となり、カフェインの摂取量がふえていくと、やがて中毒症状を引き起こしてしまいます。

 

たとえばコーヒーを飲み過ぎると胃が荒れるといわれていますが、これもカフェインによる中毒症状の一つです。

 

カフェインによって胃液の分泌を促すことから、胃痛や吐き気、嘔吐といった症状が起こります。

 

スポンサーリンク

 

またカフェイン依存症が進むことによって、動悸や不整脈といった循環器系にも異常がでることも考えられます。

 

人によっては精神面にも異常をきたすことがあり、緊張感や錯乱、幻覚といったことが起こることがあります。

 

カフェイン依存症による中毒症状も重度となれば死に至る場合もありますが、これは非常に稀なケースと言えそうです。

 

また、カフェインには頭痛を取り除く効果がありますが、依存症となってしまうと逆に頭痛を引き起こしてしまう要因になってしまいます。

 

これはカフェイン中毒の離脱症状の一つといわれており、カフェインの摂取をやめてしまうことで頭痛となって表れることが多いようです。

 

朝食の折や、午後の一息といった機会にコーヒーなどでカフェインを摂取することも多いと思います。

 

もちろん適度の摂取であればまったく問題はありません。しかし、過剰に摂取してしまえばそれも毒となります。

 

過剰摂取の一因としては、生活習慣の乱れといったことが考えられますので、まずはカフェインを摂取しなくてもすむような生活を心がけることが大切であるといえます。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加